ZOMBIE LOLITA SONG/PREGNANCY
妊娠


別れてくれ。
どうして?
おれはもっと若い娘が好きなんだ。
わたしも若かったわ。
でも今は違う。
あんたもね。
人生は一度だ。おたがい 好きにした方がいい。
勝手な人ね。君も勝手にやればいい。
・・・・
泣くな。
泣いてなんかいないわよ。呆れて笑ってるだけよ。
ッていうか、そう思ってしまうあなたの妄想癖になんで今まで気がつかなかったんでしょう。
妄想?あんなに泣いておれを困らせたことを忘れてしまうあなたの自己中なあなたの頭の中が理解できないというか腹立たしいよ。
そんなわたしをみてむかつく、あんたをみてつくづく嫌なやつだと思ったわ。
だろ?!お互いの意見が 一致した。嫌だと思っているどうしが 一緒にいるなんて不自然だ。
よかったよ。初めて理解し合えたね。
おれにも人生がある。
あなたみたいな手の掛かるわがままな人とは早く別れて、もっと性格のいい
そして
若くてきれいな女の子とつきあいたいと 思っています。
夢を見るのはいいけれど
わたしのお腹の中にはベイビーがいるの 。

妊娠。

妊娠。 妊娠。  妊娠。

大切なことはただ一つ。妊娠。
この際なんだっていいわ。からだがすべてを知っている。妊娠。

天まで尖った 十字架のマイホームに、わたし住んで。出産。
このお腹を喰いやぶって生まれいでるこの子 を。待つの。
妊娠。妊娠。
わたしに宿る悪魔の鼓動 。
ザクザクと皮膚が泡立つわ。
わたしムシの夢を見るの。
皮膚の中にむかで。
わたし蛇におかされて
わたしたこにからまれて
あ− 大出血。

痛い。  痛い。 痛い。
身体中が痛くて寝られない 。
わたしの すべてを奪っていく悪魔の子。
気持ち悪くてはらわたが 口から飛び出て来そうよ。
骨がギシギシと音をたてて
肉がぶよぶよと波打って
全部さかさまに見えるわ。

天まで尖った 十字架のマイホームに、わたし住んで。出産。
このお腹を喰いやぶって生まれいでるこの子 を。待つの。


だけど現実っていやね。
あなたは
あなたの御両親にあわせてくれた。
それって今思えば 別れの準備だったのね。
この子はやんちゃだからよろしくねなんて
あんた達グルじゃないの。
恨むわ。
喜ぶわたしを見て
そうあなたは悦に入ってた。
恥ずかしい。恥ずかしい。

あなたみたいな手の掛かるわがままな人とは早く別れて、もっと性格のいい
そして
若くてきれいな女の子とつきあいたいと 思っています。
夢を見るのはいいけれど
わたしのお腹の中にはベイビーがいるの 。

大恥よ  今までの築き上げた人格がぼろぼろよ。
何年も何年も引っ張って 最初から違うかなって思ってたなんて
いいけどそりゃあ大変な裏切りよ。
まさかお前も楽しんだんだからいいじゃないなんて言うんじゃ ないでしょうね。
さてぐちはこのくらいで
わたしも女
カッコよく決めたいのよ。

そうよ わたしただ生まれてきただけの女じゃない。
そうよ まして利用されただけって思うのも嫌ね。
そうよ 一個の人としてのプライドが許さないわ。
ふふふ わたしはすべてをカッコよく極めたい女なの。

美しく別れましょう。
満開に咲きパッと散る桜のように
もう後悔はしない。
あなたの顔色ばかり気にしてたわたしはぶざまよ。
曖昧な言葉に一喜一憂してた。
ポッカリと開いた黒い穴を見つめて
わたしも女ねえなんて、気色の悪い言葉言っていた。
不格好に酒場で愚痴る女になりたくないから、
あなた
そうよ
そうよ
悪魔のこの子と一家心中カッコよく極めましょう。
愛は永遠に。 わたしたちの誓いの言葉。
貫きましょう。

愛貫きましょう。愛貫きましょう。愛貫きましょう。愛貫きましょう。

彼が妊娠させたいって言ったの。 彼が妊娠させたいって言ったの。
このお腹の中におれの子供を作りたいッていいながらイッタの 。
痺れるように受け止めたわ。 これこそ運命。
幸せの一瞬 。 人生の天国とまで思ったわ。

愛貫きましょう。愛貫きましょう。愛貫きましょう。愛貫きましょう。

ねえ、そうしましょう。  ねえ、だって約束だったでしょう。

思えば 脳みその無い彼氏だってわかっていたわ。
だけどそこが好きってコト あるじゃない。
かわいいて言うの そんな感じ。
ある真夜中 わたしがトイレに立つと
彼ったら リヴィングで自分のあれをビデオに撮って悦に入ってたの。
わたしが見てるのも知らない彼は
ごしごしとしごいてはビデオに撮ってたわ。
足の指まで反らしてマックスにして喜んでた。
そしてビデオを見ては消し、撮り、ビデオを見ては消し撮り 悦に入っていた。
そんなバカが好きだった。
脳みそまでスペルマな アホが好きだった。
だけどそんなバカももろ刃の剣。
人生ってつくづくうまく行かないってコトね。
つくづく分かったけど。

思えば楽しい恋愛だった。
思えばいいこともあった。
思えば十分楽しんだ。
思えばそれがわたしのハイライト。

だけど痛い。

痛い 、痛むの
痛い 、痛むの
お腹が痛い。お腹が痛い。
心が痛い。 心が痛い。
痛い。 痛い。痛い。痛い。

ねえあなた、 この子と一緒に死んで下さいな。
一家心中しましょうよ。
あなたはこの美しい罰を受ける義務 、いいえ権利があるわ。
ねえあなた この子と一緒に死んで下さいな。

妊娠。妊娠。妊娠。

あーあーあーあー

想像するより妊娠。
すべて わかるわ。

孤独な妊婦。


生まれ変わりの儀式。

妊娠。


作詩/作曲 .テイジン・チャナ


戻る


Copyright(C)2001~ asanuma teiji:neko no tenshi studio Zombie Lolita All rights reserved