ZOMBIE LOLITA SONG/ SUICIDE IN FLAMES
火炎自殺


慎二さん
 
慎二さん私はガソリンをかぶり火をつけます。
燃え上がる炎は私の 
どうしようもないけど誰よりもすごいあなたへの愛です。
私の火炎自殺を見て下さい。誰にもまねできないでしょう。

慎二さん…

いつだってそうよ みんな私を見限ってしまう。
きっとどこかで私の事をあざ笑ってるに違いない。
もしかしたらもう忘れ去って破片すら残っていないのかも。
彼が好きなの 彼が大好きなの 彼なくして生きて行けない。
だって彼は私のこと救ってくれた。
こんな私に付き合ってくれた。
うれしかった。
彼に恩返ししなくちゃ。
彼が気持ちいいことすべてやってあげなくちゃ。
何でもやってあげたいの。
でもそんな私の気持ちをだんだん遠ざける彼。
どこがダメなの教えて。大人になるからもっとやさしくなるから。

私じゃやっぱりダメなんですか?
慎二さん。
あんなに喜ばせてくれたのは全部嘘だったんですか慎二さん。
私じゃやっぱりダメなんですか?

慎二さん慎二さん。

嘘でもいいんです。嘘でもいいからもう一度、好きって言って下さい。
でもやっぱり嘘って嫌い。わたし許せない。
聞きたくない。やさしい言葉 。
こんな女に引っ掛かってなんて思ってるんじゃないですか?
めんどくさい女って思われるのがいちばん嫌い。

慎二さん女って押さえるとこだけ押さえとけば楽なのに。
慎二さんあなたも嘘がつけない人。私とそういうとこそっくり。
だから私あなたのこと分かるの。わかってるくせに。

慎二さんひどい。私の事あんなふうに友だちに喋らなくてもいいじゃない。
虫のように嫌われてるって知らなかった。
気持ち悪い女なの。でも私もう行くとこないの。
私あなたを恨んでるわけじゃないの。ううン、私もへまばっかりしちゃてるから仕方ないって思ってる。
もっと素敵な人いっぱいいる。
私なんかかすだから。
だってあなたもてるでしょう。
こんな女にしがみつかれて嫌なのはわかる。
だけど好きだから。どんなに好きか今言わなければ。だから窓の外を見て下さい。
ガラスにうつるオレンジの光を。
私の一生をかけたあなたへの愛の気持ちです。
めらめらと、
めらめらと燃え上がる炎は私の心です。
この思いどうか受け取って下さい。
迷惑かけてすみません。
さようなら。
さようなら慎二さん。
好きです慎二さん。
好きです。
素敵です。
時々は思い出して下さい。
幸せでした。
慎二さんありがとう。
炎を見て下さい。
私は燃え上がりあなたに愛を伝えます。

あなたの憎んだこの顔よ燃えてなくなれ。

作詞*作曲/テイジン チャナ


戻る


Copyright(C)2002~ asanuma teiji:neko no tenshi studio Zombie Lolita All rights reserved